土地の公簿売買と実測売買について

土地の購入に関して公簿売買と実測売買とがございます
公簿売買とは現在の登記簿面積に置いて売買金額を確定する方法で、実測売買は今回の売買において、現地を実際に測量し、その後の面積に売買単価をかけて取引する方法です
公簿売買に置いても現地の境界の明示は行われますので、公簿売買だと境界が不明瞭になるという心配はございません
実測売買だと実測後希望面積が減る場合もありますし、逆に増えて、その分金額が増えることもございます
また、実測するには隣接地の立ち会いも必要となり、境界を改めて明確にすることは、まるで過去を掘り返すような行為にとらわれる隣接者も少なくなく、その後の近所づきあいにも影響を及ぼす場合もありますので、境界の杭などがハッキリしていて、見た目にも曖昧な部分が無いようでしたら、公簿売買でも充分かと言えます
実測売買は土地自体を分譲したりといって形質変更の祭には必要ですが、そのまま建物を建てて暮らすようであれば法務局備え付けの測量図があったり、現地がハッキリしていれば、寝た子を起こすようなことをしないで公簿売買でも問題はございません