レイアウトで気を付けたい部屋の広さ

注文住宅の間取りでよくある失敗は、部屋の面積が広すぎる、もしくは狭すぎるというもの
実はスペース配分がかなり難しく、人間の体の大きさや動作に適した配分が出来ていないと、非常に後悔することになってしまいます
特に多いのが、リビングルームの広さに憧れて、他で必要な面積を削ってしまうという事例
脱衣室や玄関など、どうせ使うのは一時だけだと削ってしまうことで、毎日の生活がとてもやりにくくなってしまうことが多々あります
逆にトイレに凝って広くしすぎて無駄なスペースになってしまったり、リビングが広すぎて冷暖房効率が著しく下がってしまったり
やはり一部分だけでなく全体を見て、入れる家具の種類や配置も考えて上で、適切な面積配分をすることが重要です
平面図を見る時には、そこにおおよその家具のサイズに合わせて実線で書き込んでみましょう
入れば良いわけではなく、動線も重要ですので、置いたら誰も通れなくなってしまうようでは狭すぎますね